おいしいロゼワインの特徴や選び方

ロゼワインには大きく分けて三種類の製法が存在しています

ロゼワインは、どのような食事であってもしっかりと合いますロゼワインには大きく分けて三種類の製法が存在しています種類によって最適な温度があるのでこだわってみましょう

ただしぶどうの状態であるうちに混ぜ合わせるのであって、完成された赤と白のそれぞれのワインを混ぜるということではありません。
ヨーロッパで規定されているワイン法と呼ばれる法律では、ワインを混合させて製造することは禁止です。
ロゼワインには大きく分けて三種類の製法が存在しています。
一つ目は、マセレーション法です。
マセレーションという言葉は、水やお湯に浸すことで柔らかくするということを意味しています。
一般的に赤ワインを製造するときに用いられる製法に似ています。
赤ワインの場合は、黒ぶどうの種や皮も一緒に混ぜて発酵させますが、ロゼの場合では色がしみ出てきて濃くなる前に種や皮をとって果汁のみにしてからさらに発酵を進めていくというやり方です。
そうすることで綺麗で透明感の色合いにすることができます。
二つ目は、白ワインの製造方法に似ているとされる直接圧搾法です。
白ワインの場合は最初に皮や種を取り除いて果汁のみを使用して発酵させていきますが、ロゼの場合はこの工程を白ではなく黒を用いて行っていきます。
三つ目は、混醸法と呼ばれるマセレーション法と同様の製法をとっているものです。
混醸法の場合は、白と黒の両方のぶどうを使用して作っていきます。
それらを混ぜ合わせて発酵させていくことで、綺麗で美しい色合いを作り出すことができます。